ご注文・お問い合わせ

電話でのご連絡

0120-667-228

受付時間9:00-18:00/日祝除く

携帯電話・スマホも通話無料

メールでのご連絡

info@yaso-cha.com

こちらからお問い合わせできます。

(レシピ)

レシピ一覧

△2016年7月6日~掲載

△2016年2月5日~ 2016年2月24日掲載

△2015年2月27日~ 2015年3月16日掲載

△2015年2月7日~ 2015年2月16日掲載

△ 2014年12月掲載

△2014年11月掲載

△2014年8月掲載

△2014年7月掲載

△2013年3月掲載

△2013年2月掲載

△2013年2月掲載

△2013年1月掲載

△2013年1月掲載

△2012年12月掲載

△2012年12月掲載

△2012年11月掲載

△2012年10月掲載

△2012年10月掲載

△2012年10月掲載

モロヘイヤ入り!つるつる手打ちうどん

当店の100%パウダーを使って、お店では食べられないオリジナル手打ちうどんに挑戦しましょう!ネバネバ野菜のモロヘイヤは夏バテ対策にばっちり!お子様と一緒に夏の思い出作りにいかがですか?

材 料(2人分)



大さじ1

中力粉
240g

☆水
110cc

★塩
小さじ1杯


作り方

材料★塩を☆水に溶いておきます。

ビニール袋に中力粉とモロヘイヤ粉末を入れて振り混ぜます。均一に混ざったら、塩水を少量ずつ入れて袋ごと揉み、粉と塩水をよくなじませます。

よくなじんでひとまとまりになったら、袋の口を閉じて10~15分ほど寝かせます。(常温=冷蔵庫に入れる必要はありません。)

大き目のビニール袋2枚(撮影時は食品用ラップを繋ぎ合せて代用しました。)の間に生地を置き、足のかかとを使ってしっかり踏んで生地を伸ばします。伸ばした生地を畳んで、また伸ばす作業を10回以上繰り返します。


生地をまとめてビニール袋に入れ、1時間以上寝かせます。(常温)

打ち粉をして麺棒で薄くのばします。茹でると生地が膨らみますので、薄めに伸ばします。

伸ばした生地にさらに打ち粉をして折りたたみ、包丁で2~3mmの幅に切っていきます。

麺をほぐし、すぐに食べない場合は打ち粉をしてビニール袋に入れ乾燥しないようにしておきます。


*アレンジ1

*アレンジ2

食べる直前に沸騰したお湯で茹でます。麺の太さによって茹で時間を調整してください。茹であがったら冷水で洗います。

※中力粉と塩の分量は共通です。
中力粉…200g
塩…小さじ1杯

●秋ウコンの場合
水…80cc
秋ウコン100%パウダー…大さじ1杯

●生姜の場合
水…60~70cc
生姜100%パウダー…小さじ1.5~2杯
(生姜は辛味がありますのでお好みで調整してください。)

●大麦若葉の場合
水…80~90cc
大麦若葉100%パウダー…大さじ1杯

秋ウコン麺を使ってカレーうどんを作りました。秋ウコンの独特の香りもカレーで気にならなくなるのでオススメです!


アドバイス

生地は少し固めなので踏む作業が大変ですがしっかり踏むとコシがでておいしいですよ♪ 手順2で、塩水を少量ずつ、様子を見ながら加えると失敗がありません。水が多すぎた場合は中力粉と塩を少し足して調節しましょう。

もっちもち☆ヨモギおやき

ヨモギのキレイな緑色と香りのもちもちのおやきが出来上がりました。中身の具を変えて、お子様のおやつやおつまみにどうぞ!

材 料(3~4人分)

約6g(添付スプーン3杯)

薄力粉
150g

強力粉
150g

小さじ1/4

熱湯(90℃くらい)
約200cc

きんぴら
適量

高菜
適量

サラダ油
少々


作り方

薄力粉・強力粉をボウルに入れ、ヨモギ100%パウダーを入れよく混ぜておきます。そこに、熱湯をいれ、箸などを使ってある程度混ぜてきます。

手でこねてきます。熱湯を入れているのでやけどに注意してください。ある程度、箸などで混ぜると手で触れる温度になります。
そのごラップに包み30分ほど寝かせます。

打ち粉をして8等分にします。中に具(きんぴら・高菜)をいれて包んでください。

フライパンに油を少し引いて、中火くらいで両面に焼き目がついたら、水を少しいれて蓋をして蒸します。
最後に、パリッと感が好きな方は、蓋をとって水分を軽く飛ばしてください。


アドバイス

最初にヨモギのパウダー・薄力粉・強力粉を混ぜると、均一なヨモギの緑色になります。おやきの具を、あんこや切り干し大根・カレーなどお好きな具を入れてお楽しみください。

明日葉の豆乳白玉&きな粉と黒蜜かけ

明日葉の特長である鮮やかな緑色が目を引く白玉です。トッピングはお好みで★

材 料(3~4人分)

約6g(添付スプーン2杯)

白玉粉
50g

豆乳
約100ml

きな粉
適量

黒蜜
適量


作り方

ボウルに白玉粉と明日葉100%パウダーを入れて、色が均一になるまで混ぜます。

1に豆乳を少しずつ加え、耳たぶくらいの柔らかさにし、適度な大きさに丸めます。

沸騰したお湯にまるめた明日葉白玉をいれます。浮いてきたら氷水に入れます。

冷やした白玉を皿に盛り、黒蜜・きなこをかけます。


アドバイス

鮮やかな緑色の白玉です!白玉を作る時に、水を加える前に白玉粉と明日葉100%パウダーを混ぜておくと、均一な緑色になります。

ピリッと生姜のあんかけ焼きそば

生姜のぽかぽか&野菜たっぷりで体に嬉しいレシピです。

材 料(約3人分)

■焼きそば


焼きそば麺
3玉

サラダ油
適量

■あんかけ


玉ねぎ
1/2個

白菜
1~2枚

人参
1/2個

ピーマン
1個

しいたけ
1個

豚肉
150g

塩麹
大さじ1杯

約1.5g(添付スプーン1.5杯)

片栗粉
小さじ2杯

ごま油
適量


作り方

下準備:
①野菜・豚肉を適当な大きさに切ります。
②片栗粉を水に溶かしておきます。そこに生姜パウダーを入れて混ぜます。

フライパンにサラダ油を入れ、焼きそば麺を焼きます。焦がさないように火加減を見ながら調整してください。両面が軽くきつね色になったらお皿に撮ってください。

あんかけを作ります。フライパンで豚肉・野菜を炒めます。
火が通ったら、弱火にして塩麹を入れて混ぜ、生姜パウダーが入った水溶き片栗粉を入れます。

とろみがついたら、一度強火でぐつぐつさせると、照りがでます。最後にごま油を適量加え、焼きそば麺の上にかけます。


アドバイス

ポイントは、水溶き片栗粉に生姜パウダーを入れておくと、塊になったり偏ったりすることなく、あん全体に生姜が広がります。大人も子供も嬉しいレシピです♪

ぽかぽかでヘルシー♪生姜&豆腐のあんかけハンバーグ

ハンバーグにもあんにも生姜たっぷり。ハンバーグには豆腐が入ってふんわり!大人なハンバーグです。

材 料(約3人分)

■ハンバーグ


豆腐
200g

豚ひき肉
350g

玉ねぎ
中1個

パン粉
20g

牛乳
適量

約1g(添付スプーン1杯)

1個

塩コショウ
適量

■あんかけ


しめじ
50g

人参
1/3個

ねぎ
適量

約1.5g(添付スプーン1.5杯)

★醤油
大さじ1杯

★みりん
大さじ1杯

★水
50~100ml

☆片栗粉
小さじ2杯

☆水
大さじ2杯

ごま油
適量


作り方

下準備:
①玉ねぎはみじん切りをして炒め、さましておきます。
②豆腐は水切りをしておきます。
③パン粉を牛乳にひたします。

ハンバーグの具材をすべて混ぜ、こねていきます。豆腐だけ最初にこねておくと、ひき肉などを入れた時に混ぜやすいですよ。

ハンバーグを焼きます。片面に焦げ目がついたらひっくり返し、ふたをします。

ハンバーグを焼き終わったら、そのフライパンをそのまま使ってあんかけを作ります。 しめじ・人参を炒め、★を入れます。

☆の片栗粉を水で溶き、フライパンに入れます。お好みのとろみを調整してください。ひと煮立ちしたらネギとごま油をいれて火を止めます。


アドバイス

ハンバーグにもあんにも生姜たっぷり★ハンバーグでは臭み消し、あんは少しピリッとする大人向けのハンバーグです。ハンバーグにはヘルシーな豆腐も入れており、ふわっとおいしく仕上がります。

新規会員登録

商品カテゴリ

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

営業時間
月~金:9:00~18:00
土:10:00~18:00

※年末年始は定休日です。

◎電話・インターネットによる15:00以降のご注文につきましては翌営業日の出荷になります。

ページトップへ